ブログ

磁器タイルの浮きはこうやって直す/マンション改修塗装工事④

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

打診棒で軽く壁を撫でた時に、軽くて乾いたカラカラという音がした所がタイルが浮いている所です。

磁器タイルが浮いてる箇所やコンクリート自体が中で浮いてる箇所をテープでマーキングしていきます。


コンクリートが浮いてる箇所は目地部分にドリルで穴を開けていきます。


ドリルで開けた穴の中にエポキシ樹脂を注入し、剥離しているコンクリートとの隙間を埋めていきます。

タイルの浮きは地震や風圧、気温、日射の熱など様々な自然条件によって発生するのですが、タイルの浮きをそのまま放っておくと剥落することがあり、大変危険です。
そうなる前に定期的に点検をして、未然に浮いている部分を補修するのがベストです。



香川県高松市の屋根・外壁塗装の専門店エグゼストは、お客様から「エグゼストにお願いして良かった」と言って頂けるよう、お客様が安心できる塗り替え工事のご提案を致します。
一戸建て住宅から、マンション・アパート・店舗などの屋根・外壁塗装のほか、シーリング工事(コーキング打替)、雨漏り修理、外壁ひび割れ修理、外壁塗装のふくれ修理、防水工事、屋根外壁板金工事、雨樋工事、サイディング張り工事、外壁工事、外壁断熱工事、外壁耐震工事も行っております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加