コラム

防水工事の種類と劣化サイン ①シート防水

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建物内に雨水が侵入するのをブロックするために防水処理が施されている部分を「防水層」といいますが、防水層の施工方法には大きく分けて次の4種類があります。


防水層の施工方法
①シート防水
②ウレタン防水
③FRP防水
④アスファルト防水


今回はその中の①シート防水についてご紹介したいと思います。

シート防水は平坦な屋上に施工されることが多い工法で、耐用年数が比較的長くて工期も短く経済的なため、多くの陸屋根に施工されています。
シート防水には、使われる素材によって「塩ビシート防水」「ゴムシート防水」と呼ばれる2つのタイプがあります。

塩ビシート防水の特徴

塩ビシート防水とは、塩化ビニル樹脂を原料とした1.5㎜ほどのシートを接着剤や塩ビ鋼板などで下地に固定し、貼り付ける防水工法です。
紫外線や熱に対して高い耐久性を持ち、工期が短いのがメリットですが、シートのつなぎ合わせなど工事の難易度が高いため技術を必要とします。

原料 特徴 主な使用用途 耐用年数 施工を行うタイミング
塩化ビニル樹脂シート ・厚さ約1.5mmのシート状
・紫外線や熱に強い
・工期が短い
・工事の難易度が高い
陸屋根、ベランダ 約10~20年 リフォーム時

ゴムシート防水の特徴

ゴムシート防水とは、1.0㎜~2.0㎜ほどの合成ゴム系のシートを粘着剤とテープで取り付ける防水工法です。
伸縮性に優れ温度変化に強いのですが、紫外線には比較的弱く、塩化ビニールシートよりも薄く衝撃に弱いのが特徴です。低コストで工期が短いのがメリットですが、複雑な形状には施工が向きません。

原料 特徴 主な使用用途 耐用年数 施工を行うタイミング
合成ゴム系シート ・厚さ約1.0㎜~2.0㎜のシート状
・伸縮性に優れ温度変化にも強い
・紫外線に弱い
・塩化ビニールシートよりも薄く衝撃に弱い
・低コストで工期が短い
・複雑な形状には向かない
陸屋根、ベランダ 約10~15年 リフォーム時

シート防水に見られる劣化症状

シート防水に見られる劣化症状には次のようものがあります。
最初は小さな穴でも、そこから徐々に水が侵入することで次第に大きな浮きや膨れとなって範囲が拡大していきます。わずかな症状でも早めの点検・メンテナンスを行って雨漏りを防ぎましょう。

シートの破れ、穴開き

重量物を落とすなど外的な衝撃や、鳥害(くちばしで突く)などによって穴が開いたり破れます。
シート自体が防水層ですので、破れや穴などから水分がシートを通過した時点で防水機能が働いていないことになってしまいます。早急に対処して雨水が内部に侵入するのを防ぐ必要があります。

シートの浮き、膨れ、めくれ

シート下に水分が残っている所に太陽の熱が加わると、水蒸気となって膨れることがあります。
水分がシート下に通っているということは、シートに傷や剥がれが生じていることを指します。いつ雨漏りが発生してもおかしくない状態です。

シートのひび割れ

ゴムや塩ビシートに柔軟性を持たせるために「可塑剤」というものが添加されていますが、時間の経過と共にその可塑剤が溶け出して気化することで素材が柔軟性を失って固くなり、ひび割れを起こします。破れや穴と同じくひび割れからも雨水は侵入しますので、早急な対応が必要です。

シート接合部分の破断や剥がれ

経年とともに接合部分の接着力が低下したり、太陽の熱によって収縮を繰り返すことでシート接合部分や端部分が剥がれてしまう場合があります。最初はわずかな剥がれであっても最初の剥がれをきっかけに次第に範囲を広げていきます。
また、シートの下に水分が入り込むことによって下地と接着面の劣化が進行してシートが剥がれることがありますが、めくれ部分が大きいと台風などの強風によりシートが飛ばされる可能性があり危険です。

水が溜まる

シートの浮きや膨れなどによって勾配が変わり、水たまりができます。また、ドレン(排水溝・排水口)にゴミや土がたまって排水がスムーズにいかず水溜まりができます。
排水口からスムーズに排水できない状態は屋上に水を溜めこんでいるのと同じです。排水口周りは普段から特に注意してチェックする必要があります。

草が生える

水が溜まりやすい場所であるか、シートの下に水が入り込んでいる可能性が高い状態です。草のまわりに常に水分があることを表しています。
シートの上に土がたまってその上に草が生えたとしても根がシートの下側まで回り込んでいる可能性がありますので、状態をよく見てみましょう。無理に引っ張るとシートごと引っ張ってしまい、防水層の傷をさらに広げてしまう可能性があります。

防水機能を維持するために

建物の防水機能を維持することは、建物の強度を維持することに直結しています。
水分が建物内部へ侵入すると建物自体の強度を弱めることを意味することに加え、カビや悪臭の原因を作って住む人の健康に被害を及ぼします。
建物の寿命とご家族の健康を守るために防水層の定期的な検診とメンテナンスを行い、防水層に不具合を見つけた時は早急に処置を行うようにしましょう。