ブログ

タイル外壁はメンテナンスフリーではない?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高松市にあるビルのタイル補修を行いました。


【左写真/補修前】タイルが大きく浮き上がり一部剥落していました。
【真ん中写真/補修中】浮き上がっている部分のタイルを取り除きます。
【右写真/補修完了】新しいタイルを貼って補修完了

こちらのタイルと同じ規格のものが既に生産されていなかったため、似ているタイルを使用して補修を行いました。

タイル外壁はなんといっても高級感がある外観が魅力ですね!タイル素材は石や砂や土などの無機質なものを成形して高温で焼いたもので、太陽光や雨風など自然の影響で劣化(変質・変色)しにくく、しかも硬くて傷が付きにくいというメリットがあります。
つまり、タイル外壁は耐候性、耐久性、耐震性が高く、優れている外壁材です。

そのため、タイル外壁はメンテナンスフリーだという言葉を聞いたことがある方もいらっしゃると思いますが、実際はタイル外壁も定期的なメンテナンスが必要です。
それだけ強く優れているタイルになぜメンテナンスが必要なのでしょうか?また、写真のように浮いたり剥がれたりする理由は何なのでしょうか?

メンテナンスが必要な理由

① 下地・目地として使用されるモルタルが劣化するため

タイルを下地に張りつける際、モルタルを使用する『湿式工法』と弾性接着剤を使用する(または特殊な下地にタイルを引っかけて施工する)『乾式工法』とがあるのですが、現在の主流となっているのは『乾式工法』です。

弾性接着剤による乾式工法が主流となる前に使用していたモルタルは、硬化すると伸縮性の無さによってひび割れを起こすことが欠点の1つでもあります。
そのモルタルをタイルの接着や目地として使用した場合、モルタルがひび割れることによってそこから雨水が建物内に侵入し、気付かないうちに目に見えない躯体部分にまで及んでいた…ということが起きる可能性があります。

② 目地のコーキングが劣化するため

1つ1つのタイルとタイルの間にある目地とは別に、弾力性のあるゴムのような素材の目地が一定の間隔であることはご存じでしょうか?これがコーキング(またはシーリング)と言われているもので、この弾力性があるコーキングが地震などによる建物への衝撃を吸収し、被害を最小限に抑える役割をしています。

このコーキングはタイル素材とは違って紫外線や雨風、寒暖差などによって劣化するため、定期的にメンテナンスする必要があるのです。

高い耐久性を持つコーキング剤もあるのですが、一般的にはコーキングは早くて3年、長持ちしたとしても7~10年ほどで寿命を迎えます。○年というのは一般的な目安です。まずはコーキングの状態をチェックして、ひび割れたり、硬化して隙間が空いたりしている場合は早めにメンテナンスを行ったほうが良いでしょう。
劣化したコーキング部分から雨水が内部に侵入する可能性はもちろん、地震などによる大きな衝撃が建物に加わった時にコーキングが衝撃を吸収するという大事な役割を果たせず、建物自体に大きな負担をかける可能性があります。

③ タイルが浮く・剥がれる

なぜタイルが浮いたり剥がれたりするのでしょうか?
タイル自体の吸水率は非常に低いものの、0ではありません。吸水したタイルが熱や雨水によってわずかに膨張したり、気温の降下や乾燥によって収縮したりを繰り返すうちに、タイルの下地への付着力が弱まって浮きや剥がれが発生します。わずかに剥がれた所からさらに水分が侵入し、大きく膨張・収縮するとさらに大きな浮きや剥がれを引き起こすこととなります。

剥がれ落ちたタイルが落下すると事故を引き起こす可能性があり、大変危険です。タイルの異常に気付いた時は一刻も早く補修を依頼してください。

※タイルの浮きはこのように診断します!→磁器タイルの調査をしました

④ タイルが割れる

高温で焼き固められた耐傷性の高いタイルでも、多方向からの強い力を受けたり、強い衝撃を受けるとこのように割れてしまうことがあります。

やはりこのままにしておくと気付かない間に中へ中へと水分が入り込んでしまうため、早急に補修をする必要があります。

タイルに異常がある場合は早急に補修を

丈夫だと言われているタイル外壁であっても、浮く、剥がれる、割れるなどの症状が見られることがあります。
タイルだから大丈夫!と安心していると対処が遅れてしまい、気付いた時には雨漏りしていた…ということにもなりかねません。
タイルの落下によって万が一事故につながることがあっては危険ですので、少しでも異常を感じられた時にはぜひご相談ください。


香川県高松市の屋根・外壁塗装の専門店エグゼストは、お客様から「エグゼストにお願いして良かった」と言って頂けるよう、お客様が安心できる塗り替え工事のご提案を致します。
一戸建て住宅から、マンション・アパート・店舗などの屋根・外壁塗装のほか、シーリング工事(コーキング打替)、雨漏り修理、外壁ひび割れ修理、外壁塗装のふくれ修理、防水工事、屋根外壁板金工事、雨樋工事、サイディング張り工事、外壁工事、外壁断熱工事、外壁耐震工事も行っております。